冒険県 冒険する長崎プロジェクト ワクワクを探しに出かけよう。

目的で探そう
冒険 185

冒険遊び場発見!波佐見プレーパークで遊ぼう!

今回の冒険者
パパ:出口 勝さん / ママ:亜由美さん
翔琉くん(5歳) / 晃暉くん(0歳)

陶器の町として知られる波佐見町の「波佐見プレーパーク」にやってきました。波佐見町地域おこし協力隊の皆さんが毎月1回程度、子ども達のためにいろんな体験を提供しています。
今回は廃校になった東小学校永尾分校で竹細工体験!町内の親子約50名が参加しました。

迎えてくれたのは、波佐見町地域おこし協力隊の河内拓馬さんです。
「今日はこの竹から器と箸を作りますよ」
河内さんや地元の皆さんが協力して山から切り出した太い竹が見えます。
「こんな山に囲まれた波佐見でも、今の子どもたちはノコギリや小刀を使う機会がないんですよね」と、東京出身の河内さんは不思議そうです。
さあ、長崎市からやってきた出口さん親子はうまくできるでしょうか?

  • 今回は廃校になった小学校で開催された「波佐見プレーパーク」です。

  • 迎えてくれたのは波佐見町地域おこし協力隊の河内拓馬さん。

  • 河内さんや地元の皆さんが用意した竹を使って器と箸を作ります。

「翔琉くん、ノコギリ使った事あるかな?」
5歳の翔琉くんは首を横に振ります。
「そうか、じゃ、やってみよう!」
河内さんがノコギリの刃を竹筒に当てて、軽く引きます。
「ノコギリは引く時に切れるからね」
翔琉くんがいわれるままにやろうとしますが、やっぱり難しいので、お父さんがサポート。
一緒にノコギリを引いて切り落とします。
「節のところを底にするからもう一度切ろうか?」
節がある部分を真ん中にしてもう一度切り落とします。これで器の部分ができました。
そのままだと口があたる縁の部分が痛いので、お父さんがサンドペーパーで磨きます。
次は、箸作り!20センチくらいの長さに切り分けられた長方形の竹が用意されています。
お父さんが翔琉くんの手を取って慎重に小刀を動かします。
「小刀を使うのは中学生以来ですね」とお父さん。

  • 翔琉くんとお父さんが一緒にノコギリを引いて、器を作ります。

  • お父さんが器の縁をサンドペーパーで磨きます。

  • お父さんも小刀を使うのは久しぶり。慎重に竹を削って箸を作ります。

少しずつ削っていきますが、どれくらいの太さがいいのかわかりません。
「完成図がないからどこまですればいいのか、わからないなあ〜」とつぶやくお父さんに
「自分の好みの太さでいいですよ」と河内さん。
安心したようにお父さんは削り続け、なんとか先が細い箸のような形になりました。
でも箸にしてはちょっと太いような。
「まあ、納豆用ということで・・」と自分を納得させています。笑いながらお父さんから箸を受け取ったお母さんがサンドペーパーで磨きをかけます。
手で触ると気持ち良くなるくらいきれいに磨いたらOK!家族で力を合わせて作ったマイ器と箸のできあがりです。

  • 少しずつ削って、好みの太さにしていきます。

  • お母さんはサンドペーパーで磨くお手伝い。

  • 家族で作ったマイ器と箸のできあがりです。

竹の器と箸とくれば、やっぱりそうめん!ということで、河内さんたちが用意したそうめん流しをいただきます。
今回のプレーパークに参加した子どもたちも、つゆの入った器と箸を持って樋の周りを囲みます。
さあ、そうめん流しのスタートです。
樋の下流の方で待ち構える翔琉くん。勢い良く流れてくるそうめんを最初はうまくつかめません。でも、箸を樋に直接置けばいいことに気づいて見事にキャッチ!すかさず器に入れて豪快にズ、ズッとすすります。ウ〜ン、おいしそう!そうめん大好きの翔琉くんは箸を休めることなく食べ続けます。
あっという間に1回目のそうめん流しは終了し、2回目に入ります。

  • 河内さんたちが用意したそうめん流しで、作った箸の使い心地をチェック!

  • 翔琉くんが、見事にそうめんをキャッチ!

  • 豪快に食べる翔琉くん。そうめん、おいしそうだね!

今度はお母さんに器と箸をバトンタッチ。どうですか?
「おいしいです」
いやいや、聞きたいのはそうめんじゃなくって使い心地の方なんですが・・
最後はお父さんです。
「おいしいです!使い心地もいいですよ。ベストです!」と満足顔。

今回の「波佐見プレーパーク」では竹の器と箸作りも楽しかったですが、たくさんの子どもたちが空き教室を使った段ボール遊びや弓矢遊びに熱中する姿が印象的でした。
「波佐見プレーパーク」は、参加費無料、何歳でもOK!モットーは、“自分の責任で自由に遊ぶ”。まさに冒険遊び場です。
これからもいろんな企画を考えているそうなので、皆さんも、ぜひ、参加してみてください。

文・写真 取材ディレクター 中尾知徳

  • 「おいしい!」とお母さん。使い心地の方は?

  • お父さんもそうめんをいただきます。使い心地は「ベスト!」だそうです。

  • 教室ではダンボール遊びができて、子どもたちは大喜び!

掲載日: 2019/10/16
※掲載している情報は記事公開時点のものです。変更される場合がありますので、お出かけの際には事前に各施設へお問い合わせください。

インフォメーション

スポット名
波佐見プレーパーク
TEL
080-8355-8635(波佐見町地域おこし協力隊 河内さん)
住所
〒859-3791 長崎県東彼杵郡波佐見町660番地(波佐見町役場)
※開催場所は毎回変わります。

〒859-3791 長崎県東彼杵郡波佐見町660番地(波佐見町役場)
※開催場所は毎回変わります。

※お出かけの際には事前に位置をお調べすることをお勧めいたします。
駐車場情報
あり
営業時間
9:00〜17:00
定休日
体験は毎月1回実施予定
対象年齢
全年齢
料金
体験 無料
アクセス
JR川棚駅から車で約20分
公式サイト
https://www.facebook.com/hasamiyaki.kawachi.takuma/
シェアする
facebook line

アクティビティタグ

この記事は KTNテレビ長崎「冒険県 冒険する長崎 プロジェクト」(毎週水曜日 20:54〜21:00)で 2019/10/16 に放送されたものです。Youtube チャンネルでも配信中!
Youtube Channel